卒業式あるある11選

行事・イベント

卒業式のあるあるをお届けします。

何年間も通った学校を卒業するのは誰でも寂しいもの。

友達とはSNSなどで卒業してもつながっているとわかっていても、もうこの学校に通うことがないと思ったらなんだか寂しいです。

演出も学校生活を思い出すものがあり、涙を流す人も少なくありません。

では、数ある卒業式あるあるの中から11個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

練習がだるすぎる

卒業式をぶっつけ本番でやる学校はありません。

入場や退場の練習、起立や礼の練習、歌練習などを分けて何回も練習します。

そして、個別の練習だけでなく、全体を通してのリハーサルも行われるでしょう。

来賓や保護者の目があるのも何度もやる理由だと思いますが、さすがにだるいです。

卒業式の練習に疲れたという生徒は多いでしょう。

「卒業生、起立。」で立ってしまう在校生

卒業生は練習で何回もやっているのでミスはしにくいです。

でも、在校生の方は練習も少なく、うっかり卒業生が立つタイミングで立ってしまう在校生もいるでしょう。

こういうミスを見ると、あの面倒くさい練習もやっていて損はなかったと思えます。

式前半から泣いている生徒や先生がいる

卒業式は学校の思い出も蘇ってきて涙を流す人も多いです。

でも、式の前半から泣くのは、さすがに早すぎます。

生徒だけでなく、先生がそうなっている場合も。

また、すすり泣きのような静かな泣き方ならいいですが、完全に号泣していて式に出続けるのさえきつそうな人もいます。

「楽しかった」「修学旅行」という呼びかけ

呼びかけは個人パートや男女パート、全員が言うところを割り当てられています。

そして、修学旅行のことを言うときはだいたいが「楽しかった」です。

また、呼びかけが終わると歌に入る学校も多く、最後の台詞が「旅立ちます」だったら「旅立ちの日に」、「私たちは巣立ちます」だったら「巣立ちの歌」のように歌のタイトルにかけていることがあるでしょう。

「旅立ちの日に」で泣く

卒業式で歌われることが多い「旅立ちの日」。(「仰げば尊しや」や「贈る言葉」、いきものがかりの「YELL」などのこともある)

この歌で泣いてしまったという人は少なくないでしょう。

聞いているだけでも涙が出そうになる曲で、自分が卒業式で歌って泣かないというのはかなり難しいです。

ちなみに、1991年に作られた曲なので、30代後半以上の人は子どもの卒業式で初めて聞くということもあります。

保護者席からタンスのにおい

卒業式などで着る礼服は、普段から着るものではありません。

そのため、タンスの肥やしになっていたものを出してくるので、タンスのにおいを漂わせている場合があります。

事前にクリーニングに出せればいいですが、忙しく過ごしているうちに式当日を迎えてしまうなんてことも少なくないでしょう。

また、保護者席からはタンスのにおいだけでなく、殺虫剤のにおいや香水、タバコのにおいなどもします。

来賓の最前列は議員の代理人

来賓席の一番前は地方議員や地元出身の国会議員の場合が多いです。

でも、式に出席することはほぼなく、代理の人が来ています。

その学校の卒業生だったら出席する場合もありますが、来賓者の挨拶として長々としゃべる場合もあるので、代理の人が出席している方が無難です。

卒業証書授与の返事のときに声がうわずる

「はい!」と返事するだけでなんですが、緊張から声が裏返ってしまう人がいます。

それも1人や2人ではないでしょう。

それくらい卒業証書授与は緊張感があります。

また、生徒数が多い学校の場合は、元生徒会長やクラスの代表者だけが授与されることも。

緊張する場で発表することの多い元生徒会長やクラスの代表者の場合は、声がうわずる確率も低くなります。

それでも、中にはうわずってしまう人もいるでしょう。

卒業証書の筒で音を出して遊ぶ

卒業証書

授与されるときはめちゃくちゃ緊張する卒業証書ですが、式が終わればおもちゃに。

筒で「ポン」、「ポン」と音を出して遊ぶでしょう。

高校生にもなるとやる人が減りますが、それでも一定数はいます。

小学生はかなり高確率で「ポン」「ポン」やるでしょう。

誰かがやりだすと広がっていきます。

卒業式に告白することは意外とない

卒業式後に告白しようとしても二人きりになるタイミングが難しかったり、相手がもう帰ってしまっていたりして告白できなかったりします。

(会うのが最後だから告白しよう!)と考える気持ちはわかりますが、告白するなら卒業式より前の日にやった方がいいです。

ぼっち→すぐ帰る リア充→あちこちで写真撮影

ぼっちは卒業式が終わったらそそくさと帰ります。

リア充は部活の後輩から花束をもらったり、第2ボタンをあげたり、あちこちで写真を撮ったりと大忙し。

学校生活において、卒業式の後ほどぼっちとリア充の差があることはないかもしれません。

スポンサーリンク