バレンタインあるある15選

バレンタインあるあるをお届けします。

バレンタインデー(2月14日)は女子から男子にチョコを渡し、告白するのが主なイベントでした。

でも、最近では友チョコや自分のご褒美にチョコなど必ずしも女子から男子に渡すわけではありません。

では、数あるバレンタインあるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

バレンタイン前日に下駄箱や机を整理する男子

市川学園旧校舎

普段はむちゃくちゃな下駄箱や机をチョコを入れてもらったときのために整理する男子が絶対います。

めちゃくちゃソワソワしていて、見てるこっちが恥ずかしいです。

登校してから机の中にドキドキしつつ、さりげなく手を入れる

バレンタイン当日は机の中に手を入れて確認するまでドキドキ。

でも、期待してるのがバレてはいけないので、さりげなく手を入れます。

そして、入っていたときは嬉しさから顔がニヤついてしまうでしょう。

でも、大半の男子の机にはチョコが入っていません。

前日・当日は妙に女子に対して優しい

あからさまなアピールをしてくる男子がいます。

前日や当日から急に話しかけてきたり、優しくしたり、目の前をうろうろしたり、様々な方法でアピール。

前日からアピールを始める人は気遣い下手ですし、義理チョコはもらえても本命をもらえる確率は限りなく低いです。

また、バレンタイン前日や当日だけおしゃれする男子もいます。

「俺、甘いもの(チョコ)苦手だから貰っても困る」という言い訳

もらえなさそうな男子はもらえなかったときの言い訳を考えているもの。

本当に貰って困るんだったら前から言っておけばいいのに、当日に「甘いもの苦手だから貰っても困る」とか言い出します。

また、チョコ食べたら○○になる病気という謎の病気を捏造するなんてこともあるでしょう。

他にも、「バレンタインはチョコを売るための企業の戦略」や「ホワイトデーにお返しあげるのが面倒くさいからいらん」など言い訳は人様々。

バレンタインのことを忘れたフリしてる男子

本当はもらえることにめちゃめちゃ期待してるのに、今日がバレンタインということに気づいてないフリをしてる男子がいます。

がっついていないアピールなのかもしれませんが、バレバレです。

そういう男子ほど女子の方から話しかけると貰う気満々でなんかギラギラしてます。

家に帰ってからもらう姉妹や母からのチョコのありがたさ

学校でチョコをもらえないモテない男子にとっては、母親や姉妹からもらえるチョコもありがたいもの。

そして、家族からしかもらえないという悲しさと1つでももらえたという嬉しさが入り混じり、ものすごい微妙な気分になるのもあるある。

モテない人からすると普通の日

モテない人にとってバレンタインは普通の日です。

他の日となんら変わりません。

学校によってはチョコ持ってくるの禁止

バレンタインデーやホワイトデーはお菓子を持ってくるのを黙認してくれる学校もありますが、徹底的に禁止されている場合もあります。

それでも隠れて持ってくる子もいますが、見つかると没収です。

学校側が禁止するのもわからないでもないですが、学生時代の青春の1ページとして許して欲しいですよね。

女子校だとイケメン男子級にお菓子をもらえる

かこさんからのバレンタイン差し入れ

女子校のバレンタインはお菓子交換会が開催されます。

買ってきたものや作ってきたものを交換し、自分の手元にはたくさんのお菓子。

用意するお菓子もリア充女子並ですが、もらえるお菓子の数もイケメン男子級です。

手作りチョコの大半は市販のチョコを溶かして形を整えただけ

「手作りチョコ」といってもカカオマスやココアバターから作るわけではありません。

チョコを一度溶かし、ハートなどに成形したものがほとんどでしょう。

お菓子作りの出来る人は、生チョコやトリュフチョコ、チョコブラウニー、チョコレートケーキなどにアレンジします。

失敗したお菓子は家族の元へ

お菓子を手作りする場合、失敗作は自分で処理したり、家族に振る舞ったりします。

作ってるときから楽しいんですが、失敗が続くと凹むもの。

また、失敗するときにかぎって結構な量で作っちゃったりするのもあるあるです。

練習では上手くいったのに…!

お菓子作りが練習では上手くいったのに、本番になると失敗するのはあるある。

本番は時間に余裕をもって始める人が多いですが、成功するまでに何回も失敗して結局寝れなかったなんて人も少なくないでしょう。

あの現象は一体何なんでしょうか。

バレンタイン前は財布の紐がゆるくなる

バレンタインは魅力的なチョコがたくさん登場し、ついつい財布の紐がゆるくなってしまいます。

1粒換算したら300円とか500円のチョコを奮発して買ってしまう人も少なくありません。

また、バレンタインが終わってから3割引きや半額になったチョコもちゃっかり狙います。

作って渡す気はあったけど渡せなかった…

本命チョコの場合、一生懸命作っても勇気がでなくて渡せない場合もあります。

1日遅れでもいいから渡そうとしますが、当日よりも渡しにくいです。

そして、2日以降になるともう渡せなくなるでしょう。

自分で一生懸命作ったチョコを食べ、来年こそ渡すと誓います。

会社の人には安い義理チョコ、自分用に高いご褒美チョコ

社会人になると、上司や同僚、部下にチョコを渡さないのも失礼な感じです。

なので、安い義理チョコを買い、配ります。

そして、自分用には高いご褒美チョコ。

ちなみに、社会人になってからバレンタインデーって面倒くさいって思う女性も少なくありません。

スポンサーリンク