信用できない言葉あるある10選

状況・場所

信用できない言葉のあるあるをお届けします。

他人がいう言葉を信じて裏切られた経験というのは誰にでもありますよね。

普段から嘘ばかりつかれてたらはなから信用しませんが、たまに言われるとうっかり騙されてしまいます。

では、数ある信用できない言葉あるあるの中から10個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

テスト前の「勉強してない」と「やばい」

テスト前に友達が言う「勉強してない」や「やばい」、両方を組み合わせた「勉強してないからやばい」は信用してはいけません。

そう言っていてもテストが返ってきた時に本当にやばい人なんて極稀。

(友達も勉強してないなら自分も…)なんて絶対に考えてはいけません。

「誰にも言わないから…」

「誰にも言わないから言って(教えて)」は言いふらすフラグ。

高確率で(誰にも言わないんじゃなかったのかよ!)ということになるので注意。

本当に口が堅い人もたまにいますが、そういう人はこの台詞をそもそも言わないです。

「行けたら行く」

「行けたら行く」=行かないといっても過言ではありません。

もしかしたら来るかもしれないと期待しないほうが精神的にも楽。

でも、たまーに本当に来る人もいるんですよね。

断る前提で言っているのか、予定がきついので言っているのか、わからないときもあります。

「後5分したら起きる」

起きたくない人がよく言うのが「後5分だけ」

本当に5分で起きるなんてことはありえません。

2度寝していてもう一回起こさないといけなくなることもよくあります。

「寝てた」

連絡で返事がこなかったときの言い訳で使われる「寝てた」

「寝てた」と言われたらそれ以上追求できなくなりますが、本当に寝てたかは怪しいもの。

会社の飲み会の「無礼講」

会社の飲み会の無礼講はほぼ嘘。

上司に馴れ馴れしくしたり、タメ口聞いたりしたら後日呼び出されることも少なくありません。

その場限りだと無礼講かもしれませんが、後で怒られるなら意味ないです。

「怒らないから正直に言いなさい」

親や上司などの目上の人から言われることの多いこの台詞。

正直に白状して怒られないことの方が少ないです。

ドラマや漫画などの世界では「正直に言ってくれたら許す」という場面がありますが、現実ではそううまくいきません。

男の「ちょっとだけ」と「何もしない」

男性が言う「ちょっとだけ」や「何もしない」なんてのは嘘。

女性を安心させるためだけにいう台詞です。

本当にちょっとや何もしないで済むなんてことのほうが稀。

女の「おやすみ」

一緒に住んでいるような面と向かっていう「おやすみ」ではなく、ネット上やLINE上で言う「おやすみ」は信用してはいけません。

女性だけでなく男性にもたまにいますが、言ってからすぐに寝てない人多数。

「おやすみ」って言われたのにSNSやブログを更新してるなんてことも多々あります。

「見た目じゃなくて中身で選ぶ」

男性も女性も言う見た目じゃなくて中身で選ぶという発言。

でも、見た目がある一定以上あって中身もいい人の意味で使ってる人ばかりです。

それどころか、完全に見た目で選んだ人と付き合ってることもあります。

スポンサーリンク