潔癖症あるある15選

ステータス・環境

潔癖症のあるあるをお届けします。

潔癖症だと日常生活の様々な場面で困ることが…。

また、人間はそもそも菌と共存していきてるので、どこまで除菌殺菌するのかの線引も難しいです。

例えば、潔癖症の人でもさすがに腸内や肌の善玉菌を全滅させるなんて人はいないですよね。

では、数ある潔癖症あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

自分の中でOKとNGが決まっている

潔癖症にも程度があり、その人の中で許せる部分と許せない部分があります。

友達や恋人でも来客あれば徹底的に掃除する人もいれば、心を許している人が来客するならいつもどおりの掃除で済ませる人もいるでしょう。

自分の中のルールでOKとNGが決まっています。

そのため、人に自己中だと思われてしまうこともあるでしょう。

別に体が弱いわけではない

潔癖症だからといって体が弱いわけではありません。

むしろ、意外と丈夫なんて人も多いくらいです。

菌やウィルスを触ったからといってすぐにどうなるわけではないですが、精神的に参ります。

除菌シートやコロコロの減るペースが早い

コロコロ

アルコールの除菌シートやコロコロは潔癖症の必需品。

暇さえあれば使うので、減るペースがめちゃくちゃ早いです。

出来るなら友達を家に入れたくない

出来ることなら友達を家には呼びたくありません。

でも、何度か相手の家も訪れていて、「たまには○○の家にも行きたい」と言われたら断るのも失礼です。

そして、友達が来たときは出来るだけ部屋のものに触らないで欲しいと心で願っています。

ソファに立ってジャンプしたり、ベッドにダイブされたりしたら、言葉にならないくらいのショックを受けるのが潔癖症。

電車やバスの吊革を触れない

朝:吊革

潔癖症の王道のあるあるとも言えるのが、電車やバスの吊革を触れない。

誰が触ったかわからないし、持ったときに嫌な感覚になったことがあるという人も少なくありません。

揺れが激しくてどうしても持たないといけない場合は、指2本や3本で掴まるという人もいるでしょう。

エスカレーターの手すりも無理

日常生活で電車やバスもよく使いますが、エスカレーターも意外と使います。

エスカレーターの手すりも不特定多数が使っていて触らないという人が多いでしょう。

手すり(ハンドレール)の部分を掃除しているところを目撃したことがある人はわかると思いますが、掃除した雑巾が真っ黒ですよね。

ゴム製品ということで汚れもつきやすく、掃除する場面を目撃すると余計に無理になるでしょう。

お風呂やプールはつま先移動

少しでも触れる面を減らすために、お風呂やプールはつま先立ちで移動します。

ふざけた友達が押してきたりしたら最悪…。

「一口ちょうだい」が怖い

潔癖症にとっては恐怖のセリフ「一口ちょうだい」

割ってあげられるものやこっちに考慮して飲んでくれる人ならまだいいですが、口をつけて食べられたり飲まれたりしたら終わりです。

相手が友達であっても、それを食べたり飲んだりするのが無理になります。

回し食べや回し飲みしてるときは存在感を消す

「一口ちょうだい」は自分が食べているものをあげるので、断ることも出来るといえば出来ます。

でも、回し食べや回し飲みが始まった場合は、食べたり飲んだりしないのが空気を読んでいない感じになってしまうでしょう。

だから、そういう場面にはできるだけ遭遇しないようにし、もし始まったとしても存在感を消し、回ってきたとしても食べたり飲んだりした風にして次へと回します。

メイク道具やクシは貸したくないし、借りたくない

メイク道具

直接肌や髪の毛に触れるメイク道具やクシの貸し借りはbad!

自分から借りることはないようにしてるし、貸したくもないのが本音です。

鏡を貸すのが精一杯。

マイ箸を持参

割り箸がたくさん詰め込まれているところは誰かが触ってるかもしれないし、経費やリサイクルの面から箸を洗って出す飲食店もあったりします。

箸の時点で「げっ!!」と思ってしまうと美味しく食べられないので、マイ箸を持参する人も少なくありません。

箸だけでは満足できず、マイスプーンを持ち歩くなんて人もいます。

お釣りを返すときに手を触ってくる店員なんなの…

小銭を長いこと触れたくないのもあるあるですが、お釣りを返すときに手を触って返してくる店員は意味不明。

お釣りを返すときに落としにくくなるからだとはわかりますが、極力やってほしくないです。

また、これは結構不意打ちでくるのでやられると目が点になります。

レシートの上にお金をのせてそれを渡してくる店員がGood!

トイレの便座の除菌は1回じゃ物足りない

トイレの便座は意外と菌が少ないと科学的に立証されていますが、他人のお尻が触れた部分と考えると無理無理。

アルコール除菌があるなら1回では物足りず、3~5回はやっちゃいます。

また、除菌がないところは便座に触れないようにするか、我慢できそうなら別のトイレへ移動。

外ではトイレに行かないようにしているなんて人もいます。

カラオケのマイクの消毒済みは信用できない

歌うことは好きだけど、カラオケのマイクが苦手という人もいます。

マイクに一応消毒済みや除菌済みなど書かれていますが、信用はしていません。

カラオケ店で働いたことのある話では、除菌スプレーを吹きかけるだけとのこと。

ツメは深爪しがち

ツメが伸びている状態は不潔なので許せません。

ツメがちょっとでも伸びたら切るという人が多く、深爪しちゃう人も少なくないでしょう。

潔癖症を自称してるのにツメが長い人を見ると矛盾を感じます。

スポンサーリンク