センター試験あるある15選

センター試験あるあるをお届けします。

センター試験は1990年から始まりましたが、2020年に廃止され、大学入学共通テストに変更。

全てがマークシートですが、2020年以降は記述式の問題が国語、数学、英語に加わり、他の教科の記述式も検討されています。

2020年以降は教育も大きく変わり、プログラミングが小学生の授業に追加されるなど、論理的思考や問題解決能力を高めるものへ。

では、数あるセンター試験あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

行きだけでなく、帰りも大変

センター試験の日はなぜか天候が悪く、交通機関が遅延することも少なくありません。

試験会場へ遅刻してしまう焦りや試験のプレッシャーでイライラする人もいるでしょう。

また、帰りは帰りで大変です。

試験が終わると受験生がゾロゾロと帰るため、公共交通機関が混みます。

行きに余裕があるならICOCAやSuicaのチャージや切符の購入は先に済ませておいたほうがいいでしょう。

トイレ混みすぎ問題

試験会場が寒かったり、緊張してトイレが近くになったり、トイレに行く受験生は多いです。

トイレは会場に入る前に済ませておいたほうが無難でしょう。

また、トイレの場所がわからなくて迷うというのもたまにあります。

マークシートのずれに気づいたときの絶望感

絶対にずれないように気をつけているつもりでも、ずれてしまっていることがあります。

早めに気づいて直せればいいですが、最後の1問を解いてマークした時に1つ余ると絶望でしかありません。

マークシートのずれが自分の人生を左右すると考えると、このミスは重すぎます。

同じ答えが連続して不安になる

2つや3つくらいまでなら気にならないですが、4つも5つも同じ答えが並ぶと急に不安になってきます。

7個連続とかだと、どれかで間違っていないか確認することもあるくらいです。

また、1つの答えが同じ列に1個も出てこないのもなかなか不安。

その列のどれかはその答えなんじゃないかと疑心暗鬼になります。

ちなみに、階段も1ヶ所くらいならいいですが、2ヶ所、3ヶ所もあると不安に…。

些細な物音が気になる

他人の鉛筆の音や問題のページをめくる音、鼻をすする音、貧乏ゆすり、咳やくしゃみなどが妙に気になります。

些細なことで集中力が切れてしまい、イライラしたまま解答するなんてこともあるでしょう。

いざというときの為にハンカチかティッシュ

改めまして戦利品一式。ノベルティは駅によって違ったのかな?東福寺はポケットティッシュでしたが、TL上では消えるボールペンとか見えてたような。

急に鼻水が出てきたり、鼻血が出てきたりとハプニングが起こりやすいのがセンター試験。

もしものときのために、ハンカチかポケットティッシュのどちらかは持っていった方がいいでしょう。

親の時計を持っていく

普段はスマホがあるからいらないですが、試験会場では時計は必須。

時計を持ってないから親のものを借りるなんて人も多いでしょう。

また、時計を忘れると時間配分でめちゃくちゃ困ります。

ちなみに、音が鳴る時計だと判断されると試験官に没収されることも…。

鳴らないタイプでも鳴るタイプだと勘違いされると没収されてしまいます。

なので、ややこしくないシンプルな時計を持っていった方がいいでしょう。

受験票でトラブルを起こす人がいる

受験票を忘れてしまったり、真っ二つに破れてしまったり、トイレに落としてしまったり・・・と受験票でトラブルを起こす人が会場に1人はいます。

自分は大丈夫と油断してはいけません。

カイロやチョコをいっぱいもらえる

友達や学校の先生、予備校の先生がカイロやチョコを配っていることが多いです。

人によってはかなりの量をもらえるでしょう。

また、カイロをこすりすぎて中の酸化鉄が出てきてしまったり、チョコがポケットの中で溶けてドロドロなどトラブルを引き起こす場合もあります。

試験監督者「手を高くあげてください」

「手を高くあげてください」というフレーズはセンター試験の会場で1回は絶対に聞きます。

問題用紙がないときや具合が悪くなったとき、受験番号や試験会場のコードの訂正などでこのフレーズを聞くでしょう。

困った時の神頼み

大阪天満宮

受験前は神社にいってお守りを買ったり、絵馬を書いたり、おみくじで験を担いだりする人が大半でしょう。

また、試験中に困ったら鉛筆を転がして神頼みで解答。

会場内でめちゃくちゃリアクションでかいやつ

試験が終わった瞬間、「くそ~」と叫んでいたり、机に頭突きしてたり、漫画みたいなリアクションを取る人が1会場に1人くらいはいます。

家に帰ってからリアクションを取るのは自由ですが、人前で取られるとなかなかビビるでしょう。

1日目でズタボロで2日目行かない

センター試験の1日目からズタボロだと2日目行かない人もいます。

こういうこともあるから予備校の先生などは1日目が終わっても自己採点しないように言ってきます。

でも、どれくらい自分が出来たか確認したくてついつい自己採点はやってしまうものです。

試験会場にデリバリーを頼む

世の中にはアンビリバボーな人がいるものです。

試験会場にピザや丼物のデリバリーを頼む人がいないとは限りません。

こんなことが起きる会場の方が少ないですが、全受験生の中に1人や2人はぶっとんだ人がいます。

休憩時間にゲームをする猛者

センター試験の前は1つでも多くの問題を確認し、正答率を上げたいもの。

そんな中、休憩時間にゲームをしている人が稀にいます。

スポンサーリンク