梅雨あるある15選

梅雨あるあるをお届けします。

梅雨は雨も多く、湿度も高いので嫌な時期ですね。

5月病でやる気がなくなっている人は、梅雨でさらにやる気がなくなるなんてことも少なくありません。

また、雨の日の割引や紫外線量の低下、雨好きな子どもは雨具を着てはしゃぐなどいいこともありますが、悪いイメージの方が強いでしょう。

では、数ある梅雨あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

くせ毛や天パの人はうねりに悩む

雨が多いこの時期、くせ毛や天パの人は髪の毛がうねって困ります。

朝に一生懸命やったセットが昼(早ければ移動してすぐ)に崩れてしまうでしょう。

梅雨の時期は縮毛矯正をやろうかどうか真剣に悩む時期。

梅雨入りを発表すると晴れの日が続く

梅雨入りを発表してしばらくは晴れの日が続くというのがよくあります。

入ってすぐに空梅雨と天気予報ではいいますが、それなら発表する必要もないと感じてしまいますね。

梅雨明けしたのに雨が戻ってくる

梅雨明けを発表すると雨の日が増えるのもあるある。

天気予報では雨が戻ってくると表現しますが、それなら梅雨明けも発表しないほうがいいとも感じます。

結局、梅雨入りも梅雨明けもあまりあてになりません。

他人の傘にイラッとする

untitled

濡れた傘が服に当たったり、持っている傘先が危なかったり、傘から流れた水滴でころびそうになったり、傘関連でイラッとする出来事が多め。

他人の傘だけでなく、自分の傘にもイラッとすることはあります。

例えば、畳もうとしたときに留め具が反対になってたり、施設に置いてあるビニール袋に入れるときに濡れたり、雨が降ってきたから傘を買ったらすぐ止んだり、イライラさせられることは多いです。

洗濯物が乾かないので部屋干し

外が雨で洗濯物が全然乾かないので、とりあえず部屋干し。

でも、部屋干しをしても乾きはあまりよくありません。

生乾きのにおいは最悪なので干さないわけでにもいかないですし、干しても乾くまで時間がかかってイライラします。

服から嫌なにおいがする

自分では乾かしたつもりが生乾き。

生乾きの服を着るといや~なにおいがしますよね。

また、なんか嫌なにおいがすると思ったら、自分の服からだったなんてこともあるでしょう。

タオルの雑巾化

タオルから嫌なにおいがして雑巾化。

朝に顔を拭いたタオルだったものが夜には雑巾みたいになっちゃってます。

また、乾きが悪いので、タオルを使う枚数が多くなるのもあるある。

イベントで買ったタオルやアイドルの推しタオルまでおろすことになる場合も…。

梅雨の電車は地獄

梅雨の電車内ではあちこちから生乾き臭。

自分は気をつけていても、あんな密閉した空間で周りからにおってきたら避けようがありません。

必要なとき以外の外出を控える

晴れの日と違って雨の日は足取りが重くなるもの。

外出は出来るだけ避け、必要最低限しか外に出ないなんて人も少なくないでしょう。

雨の日のセールなどがあれば、得すると自分に言い聞かせて気合を入れてから出かけます。

常温保存できる食べ物がカビてる

常温保存でいいはずの食べ物がカビてしまっている…というのが一番起こりやすい時期。

だいたいの食品は、注意書きのところに高温多湿は避けと書かれており、梅雨の時期は勝手に多湿状態でカビてしまいます。

この時期は常温保存OKでも冷蔵庫に入れておいたほうがいいかもしれません。

冷蔵庫に入れたのにカビてる

ビックリグミジャム

冷蔵庫に入れていてもカビを完全には防げないです。

野菜やジャムはカビやすく、出来るだけ早く使い切ったり食べきったりしたほうがいいでしょう。

冷蔵庫に入れているからといって気が抜けないのが梅雨。

体がむくみやすい

梅雨は気圧が不安定で湿度が高いです。

気圧の変化が激しいことで自律神経の働きが悪くなったり、湿度が高いことで汗が蒸発しにくく新しい汗が出にくくなって水分の代謝が悪くなったりします。

その結果、むくみやすい状態となってしまうでしょう。

梅雨の時期は塩分を控え、カリウムを含む食材(ほうれん草やバナナ、干し芋など)を食べるようにした方がいいです。

また、適度な運動やリンパマッサージも効果的。

偏頭痛持ちは特につらい

気圧の変化が激しいので、偏頭痛持ちは大変です。

頭が痛い期間が続き、無気力になる人も多い時期。

花粉症(特にヒノキやイネ)の人は花粉が治まったと思ったらすぐに偏頭痛に苦しめられます。

雨の音は嫌いじゃない

雨は嫌いだけど、雨の音は嫌いじゃないって人は多いはず。

雨の音を聞くとα波が出てリラックスできたり、集中力を増したりするため、家で作業するのに向いています。

プリンターの紙詰まりが起こりやすくなる

梅雨はプリンターやFAX、コピー機などで紙詰まり発生率が上がります。

これは紙が湿気を帯びてしまうので起こりやすくなるため、紙を入れっぱなしにするのではなく、使う前に湿度の低いところで保管していたものを使うことで防ぎやすくなるでしょう。

ちょっと面倒ですが、紙詰まりが起こってからだと直すのに時間がかかるので、面倒くさいけどやったほうがいいです。

スポンサーリンク