アラフォーあるある15選

ステータス・環境

アラフォーのあるあるをお届けします。

アラフォーはaround fortyの略で40歳前後のこと。

アラサーも女性を指す場合が多いですが、アラフォーも同じです。

アラサーのときは「アラサーだから○○」という機会も多いですが、アラフォーにもなるとそういうことを話す機会も減ります。

では、数あるアラサーあるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

アラサーからアラフォーまではすぐ

アラサーからアラフォーは本当にあっとういう間。

30代になってからそんなに経ってない気はしていても、40代はもう目の前です。

仕事や家事に追われている人は特に早いでしょう。

男性のストライクゾーンからはずれやすい

若い人が好きな男性は20代を狙いますし、熟女好きな人は50代以上を狙います。

なので、アラフォーというのは男性のストライクゾーンから一番はずれやすい時期。

いいと思った人はもう結婚しているか、独身を貫こうとしているかのどっちかなんてことも少なくありません。

だからといって、既婚者との恋愛をすると修羅場になる可能性もあるので注意!

「結婚は諦めた」と言ってるけど諦めてない

人前では「結婚は諦めた」と言うけど、本当に諦めたわけではありません。

出来るならしたいですし、密かに婚活してる人も多いでしょう。

目尻のシワが気になって思いっきり笑えない

アラフォーにもなると、シワが目立つようになってきます。

目尻のシワが気になりだすと、思いっきり笑えなくなるでしょう。

アラサー時代のエイジングケアが活きてくるのもこの頃で、やってる人とやってない人とでは雲泥の差。

ベテラン選手の応援に力が入る

スポーツで若い世代を応援したい気持ちももちろんありますが、同年代のベテラン選手の応援にも力が入ります。

自分と同じ世代の人が第一線で頑張っている姿を見るとパワーをもらえますよね。

「○○選手もそろそろ引退を考えた方がいい」と解説に言われていると悲しい気持ちに…。

抜け毛や白髪が増える

アラサーから遅れだす髪のターンオーバーはさらに遅くなります。

その結果、抜け毛や白髪が増えてしまうでしょう。

女性の薄毛治療を考え出すのもこの頃が多いです。

また、髪の毛だけでなく、アンダーヘアにも・・・。

美容院で白髪染めかカラーリングか聞かれるようになる

美容院

美容院で髪を染めてもらうときに、白髪染めかカラーリングか聞かれるようになります。

また、自分が思っている以上に白髪が増えていて白髪染めをおすすめされるなんて場合も…。

失われるハリとツヤ、増えるシミとシワ

肌のハリ・ツヤは失われるかわりに、シミとシワが増えていきます。

増えていい許可は出してないのに、無断で増えていくでしょう。

鏡を見るたびに新しいシミやシワを見つけて憂鬱なんてこともあります。

そのため、鏡を見る回数は若い時よりも減少傾向。

下腹が出ても気にしなくなった

アラフォーにもなると下腹が出ても気にならなくなってきます。

下腹がうまく隠れる服を選ぶようになり、お風呂に入るときに気にしなければ、下腹なんてどうでもいいです。

結婚していても特に気にしません。

でも、旦那と仲が良いまんまの夫婦や恋人ができたときは、気にします。

また、ダイエットしても痩せにくくもなっているため、かなりの努力が必要。

美魔女を口ではバカにしていても、裏でやってる努力のことを考えると尊敬できます。

すっぴんで外に出ることが可能になる

アラサーまではメイクしてからでないと外に出れない人が多いです。

でも、アラフォーにもなるとすっぴんで外に出れる人が増えてきます。

アラサーで声をかけられることも減り、アラフォーにもなるとほぼゼロになるので、見られるという意識が少し減ってくるでしょう。

怪我が治るのが遅くなった

アラサーでもやや遅くなったと感じますが、アラフォーになるとより顕著に感じるようになります。

いつの間にかできていた傷がなかなか治らないなんてことも起こりやすいです。

いろんな場面で衰えを感じてくるのがアラフォー。

物忘れがひどくなる

アラサーでも記憶力が低下するのを感じますが、関連したものを見ることで思い出せることはよくあります。

アラフォーになると関連するものを見たり、ヒントを出してもらったりしても思い出せないなんてことが起こるようになってくるでしょう。

感覚的には、アラサーは引き出しの奥から記憶をなんとか出せますが、アラフォーは引き出しに鍵がかかっているか、引き出し自体がなくなってしまっていて思い出せない感じです。

寝ても疲れが完全にはとれない

寝た時に回復する割合は歳を重ねるほど低くなっていきます。

10代が100%回復すると仮定すると、20代前半が80%、アラサーが60%~70%、アラフォーが40~50%という感じ。

そして、睡眠時間をきちんと確保しないと、次の日しんどいです。

何を着たらいいのか問題

アラサーでも迷う服ですが、アラフォーはより一層迷います。

体型の変化もしやすく、今まで着ていた服が着れなくなったというのも起こりやすいです。

悩みすぎた結果どうでもよくなり、テキトーに選んでしまいがち。

将来のことを考えて寝れないときがある

若いときとは別の悩みで寝れなくなります。

友達が親の介護を始めたり、同年代の人が亡くなったりなどした日は特に寝れません。

スポンサーリンク