大工あるある5選

職業

大工のあるあるをお届けします。

大工さんといえば、仕事は肉体労働できついけど、給料は良いと想像する人が多いのではないでしょうか。更地から家が出来ていく様子は見ているだけでも感じるものがありますが、作るとなるとその感動はもっと大きいものです。

では、数ある大工あるあるの中から5つに絞ってご紹介。

スポンサーリンク

ホッチキス(特に針)の小ささにびっくりする

ホッチキスで突き抜けろ!

現場では大きなステープラーに見慣れていて、ステープルもかなり大きいです。

事務作業などでホッチキスを使っていて針を変えるときに「ホッチキスの針ってこんなに小さかったんだ・・・」と改めて思います。

お昼休憩に昼寝する

体力を回復させるために昼食後にお昼寝をする大工さんは多いです。

昼寝することに慣れるとアラームや目覚ましがなくても仕事開始前には起きれるようになってきます。

そして、昼寝をする大工さんのほうが午後の仕事っぷりがいいです。

なので、お客さんとして大工さんを選ぶ機会があれば、昼寝をしてお昼からもテキパキ仕事をしてくれる人を選んだほうがいいでしょう。

親方の悪口を言ったときにかぎって、親方が後ろにいる

普段はそんなに悪口を言わないのに、機嫌も悪くてつい言ってしまったときにかぎって、親方が後ろにいたりします。

そんなときは悪口を直に聞かれているので弁解も出来ず、ただただ怒られるしかありません。

また、サボりもたまたまやったときにかぎって親方に見つかったりします。

両手がふさがっているときに蚊がきて刺される

Sucking on my hand! (5)
大工は両手がふさがることがわりと多いけど、長材などを担いでいるときにタイミングよく蚊が来て刺していきやがります。

腕や足なら気づかずに「うわっ、刺していきやがった」と後で気づくことも多いです。中には、顔を堂々と刺していくやつも…。

断熱材(グラスウール)はかゆくなるから嫌

img108
大工が一番嫌な仕事といっても過言ではないのが、断熱材の施工です。

断熱材を触るとあちこちがかゆくなるので家に帰ってすぐにお風呂に入りたくなります。

スポンサーリンク