派遣社員あるある15選

職業

派遣社員のあるあるをお届けします。

昔は正社員がほとんどでしたが、現在は派遣社員や契約社員のような働き方も一般的となってきました。

派遣社員にはメリットもありますが、デメリットも多く、この働き方が一般化するのは正直微妙ですよね。

会社や職種すらなくなってしまうかもしれない現代において不安も大きいのではないでしょうか?

では、数ある派遣社員あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

将来が不安

派遣社員は続ければ続けるほど将来の不安が大きくなります。

契約更新されるかどうかも不安ですし、正社員登用が始まったとしても若くて有能な順。

給料は決して悪いわけではないですが、漠然とした不安は常につきまとってくるでしょう。

割り切るか開き直らないとやってられない

派遣はメンタルを削られる出来事も多く、割り切るか開き直るかしないと長く続けるのは無理。

正社員の道も考えられる時期は必死に働けばいいですが、その時期が過ぎたら開き直りましょう。

そうじゃないと、心がもちません。

交通費が出ない

交通費が支給されるところもありますが、出ないところも多いです。

時給はわりと高めに設定されていますが、交通費を考えるとそんなに時給が高くないなんてこともよくあります。

これから派遣社員になる人は交通費の欄もよく見た方がいいでしょう。

ボーナスの時期がつらい

正社員と違い、派遣社員はボーナスがないのが当たり前。

1ヶ月の給料で見るとそんなに差はなくても、ボーナスや待遇の面で差があります。

ボーナスの時期の派遣社員は憂鬱です。

ボーナスの話で盛り上がる正社員の話を聞くのがつらいです。

お盆休みや正月休みの後は給料が少ない

お盆休みや正月休みで出勤日数が少ないと給料ももちろん減ります。

休みは嬉しいんですが、給料明細を見てちょっと凹むでしょう。

仕事量は正社員以上、給料や待遇は正社員未満

雑多な仕事は回ってくる立場なので、仕事量は派遣社員>正社員。

でも、給料や待遇は優遇されず、派遣社員<正社員。

なかなか理不尽な存在・・・それが派遣社員。

契約更新の時期の電話はビクビク

契約更新の時期は無事に更新されるかどうかビクビクしています。

そんな時期に、派遣会社や派遣先の会社から電話がかかってくると心臓に悪いです。

正社員より仕事ができる人も少なくない

正社員は会社に入社するために、書類選考から面接まで正規のステップをふんでいるというだけで必ずしも優れているわけではありません。

派遣社員という働き方をしているだけで正社員よりも優れている人はいます。

明らかに仕事の出来ない人に指示されるのも癪です。

正社員というだけで上からこられるとイライラ

なかには、正社員だからといって派遣社員を下に見る人もいます。

そして、そういう人ほど仕事ができないことが多いので、2倍イライラ。

派遣社員が自分ひとりだと「派遣さん」と呼ばれる

派遣社員が多い職場ならそんなことはないですが、派遣されているのが1人だと「派遣さん」と呼ばれる可能性大。

派遣になりたくてなったという人は少なく、地味に傷つきます。

でも、派遣先でトラブルは起こしたくないので、そう呼ばれることを黙認している人も多いでしょう。

職場によっては派遣の使い方が下手

派遣社員が働きやすいようにしてくれる会社もありますが、使い方が下手な会社もあります。

能力に見合わない部署に配属されたり、慣れない仕事をさせられたり、効率ダウンすることばかりさせられるなんてことも…。

派遣社員の特性を派遣先やその上司が理解してないことは少なくありません。

社員食堂も使えない

会社によっては社員食堂が使えません。

使えるところばかり派遣された後に、使えないところに派遣されるとめちゃくちゃショックです。

派遣先の社員から「高いコストがかかっている」と言われる

派遣社員の自分に言われてもただただ困るだけです。

高いコストといっても派遣会社からも天引きされているので、手取りは多くありません。

派遣会社の社員が頼りにならない

派遣会社の社員が全然仕事できないこともあります。

口では「頼ってくれたら」なんて言いつつ、実際に頼ったら何もしてくれないなんてこともあるでしょう。

派遣される先でも不安なことはたくさんあるのに、派遣先の社員がこうだと余計な心配をしないといけません。

辞めようと思えばすぐに辞められる

正社員ではないので、辞めようと思えばすぐに辞められます。

でも、次の派遣先を紹介してもらったり、面接してもらったりするのはなかなかの手間。

その手間を考慮しても辞めたい職場なら辞めてしまうという人もいます。

スポンサーリンク