家事あるある15選

状況・場所

家事のあるあるをお届けします。

家事は主に炊事、洗濯、掃除、買い物を指しますが、その他の細々したことも入ってくるでしょう。

こだわれば1つ1つに終わりがないですし、簡単に済ませることも可能。

旦那や妻、姑が満足できるラインを探り、どの家事もある程度のところにおさまる家庭が多いです。

では、数ある家事あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

やり方は自己流

家事のやり方はそれぞれの自己流。

自分が効率よくこなせるようにさえなっていればOKです。

意識せずにやれている部分が多く、改めて人に教えるのは難しいでしょう。

また、人が家事を手伝ってくれたときに道具が所定の位置から移動させられてしまったり、洗濯物の畳み方が違ったり、お皿を片付けやすいように並べてくれてなかったり、いろいろとやりにくいです。

手伝うなら自己流の部分まで真似してやってほしいと思います。

苦手な家事は後回し

自分が苦手な家事は時間もかかるし、後回しにしてしまいがち。

他の家事はうまく出来るのに、苦手な家事だけどうしてうまくいかないのか悩む人も少なくないでしょう。

夫婦で得意なものが違い、苦手な部分を補えると最高ですよね。

後5分したらやる、後5分したらやるで開始時間が遅れる

起きる時に後5分だけ寝かせてというように家事も後5分、後5分と先延ばしにしがち。

主婦の場合は、タイムリミットが旦那が家に帰ってくるまでです。

旦那が出勤してから帰ってくるまでにやればいいと考えたら、夏休みの宿題みたいに先延ばしにしてしまうでしょう。

やる気にムラがある

めちゃくちゃやる気の出る日と何もやりたくない日があります。

やる気が全くでない日は料理も外食で終わらせたい気分。

寝る前に「明日こそさっさと家事を終わらせる」

バタバタして1日が終わってしまい、「明日こそさっさと家事を終わらせてしまう」と思う人は多いです。

でも、実際に明日を迎えるとうまくいかず、結局バタバタして終わります。

凝った料理を作って食材が余る

スープカレー

スパイスから作るカレーやラザニア、テリーヌなどの凝った料理に挑戦し、食材が大量に余ることがあります。

作っているときは楽しいんですが、余った食材を使いきるのに何日もかかるでしょう。

カレーの場合はそこまで使う機会のないスパイスが増え、そのまま賞味期限切れまでまっしぐらなんてことも。

何時間もかけた料理が数分で食べられてしまう

何時間もかけて作った料理でも食べられる時間は数分。

「美味しい」の一言でもあれば救われますが、感想なしや「美味しくない」なんて言われた日は最悪です。

レンジでチンしたことを忘れてしまう

レンジでチンして温めたことを忘れ、次の日に使おうとしたときに冷えたおかずを発見なんてのはあるある。

最新レンジは物が入っていると音で知らせてくれるのでこういうミスはありません。

忘れがちな人は最新レンジに買い換えてもいいかも。

その日に必要なものを買い忘れ

買い物でその日に絶対に必要なものを買い忘れることがあります。

メモするタイプの人は、メモをすることを忘れていくパターンとメモしていったのにチェックが甘くて買い忘れるパターンの両方がいるでしょう。

そして、必要なものだけを買いにもう一回買い物へ。

その買い物では余計なものも買いがちです。

時間がやばいときは掃除をテキトーに

家事の中で時間配分に自由がききやすいのが掃除。

時間が本当にやばいときはだいたい掃除がテキトーになります。

そして、日頃の掃除がテキトーな人ほど大掃除が大変。

がっつり掃除した日にかぎって汚れることが起きる

いつもは適当にやってる掃除ですが、がっつり掃除する日もあります。

そして、そういう日にかぎって自分で汚してしまったり、子どもが汚れて帰ってきたりして汚れてしまいがち。

それが何回か起こるとがっつり掃除する気力がわかなくなります。

洗濯物にティッシュが紛れていて大惨事

ポケットをちゃんとチェックしたはずなのに見落としていてティッシュが洗濯機へ。

洗い上がった洗濯物を見てみると大惨事。

ティッシュだけでなく、レシートでも同じようなことになります。

昨日もたくさん洗って畳んでしまったのに、今日も同じくらいの量の洗濯物

家事はどれも終わりがないですが、洗濯は特にそれをよく感じます。

昨日たくさん洗ったからといって今日の分の洗濯物が減るわけではありません。

また、子どもが服を汚し、余計な洗濯物が増える場合も。

そういう場合は、高確率で子どもが怒られますね。

洗濯をしない人からすると、(ちょっと洗濯するものが増えただけで怒らないで)と思うかもしれませんが、する人は怒る人の気持がわかります。

お風呂の栓のし忘れ

栓をし忘れてお風呂をためてしまうのは、かなりの人が経験しているでしょう。

こっちはたまったつもりでいるから、いつものように服を脱ぎ、入ろうとしてから気づくなんてことも少なくありません。

また、栓をしめたつもりなのに、半分くらいしかしまってなくってお湯がたまってないという場合も。

家事の合間にお菓子

家事と家事の休憩時間にはお菓子を食べがち。

主婦の体型が崩れる原因でもなかなか上位をしめているかもしれません。

でも、合間に食べるお菓子は美味しくてなかなかやめることが出来ないです。

スポンサーリンク