出席番号あるある15選

学校

出席番号のあるあるをお届けします。

出席番号は五十音順で決められるのが一般的。

「あ」から始まる名前だと1番になりやすく、「わ」から始まる名前だと最後になりやすいです。

また、その番号は出席以外でも授業でも使われがち。

では、数ある出席番号あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

出席番号が誕生日順のところもある

出席番号は名前の五十音順で決められるのが普通です。

でも、誕生日順で決められる学校もあります。

千葉県の小・中学校は誕生日順の方が一般的で、埼玉県や静岡県、宮崎県などの一部の学校でも誕生日順。

また、保育園や幼稚園で誕生日順というところもあります。

極稀にアルファベット順のところもある

五十音順や誕生日順より少ないのがアルファベット順。

別城(べっき)さんや古川(ふるかわ)さんのように五十音順だったら後の方になる人が前になります。

もちろん逆もあって、山田(やまだ)さんはYなのでほとんど変わりませんが、造田(ぞうだ)さんは真ん中くらいになるところが最後になりやすいです。

小学校6年間同じ出席番号

「あ」から始まる人は1番になりやすく、ずっと1番だった人も多いでしょう。

でも、1番でなくても小学校6年間同じ番号という人がたまにいます。

小・中学校9年間や高校も含めて12年間の人もいるかもしれません。

また、「わ」で始まる名前は最後ですが、生徒数次第で番号が変わり、意外と6年間一緒にはなりません。

○行の人がいないクラスがある

クラスに○行の名前が全くいない場合もあります。

そして、あ行の人がいなくてか行の人が出席番号1番になる確率もゼロではありません。

出席番号が取られるかもしれない人をライバル視

出席番号も同じ番号が続くと愛着がわいてくるもの。

「あいだ」さんのようにほぼ1番になる人なら別ですが、「あらき」さんとかだと1番を取られる場合もあります。

そういうときは自分より五十音順で若い人を勝手にライバル視するなんてこともあるでしょう。

同じように、出席番号の最後の場合は「わたなべ」さんは取ることが多く、「わだ」さんが勝手にライバル視してるなんてこともあります。

教科書やノートに去年の出席番号を書いてしまう

出席番号が変わったことを忘れていて、教科書ややノートの欄などに去年の出席番号を書いてしまうのはあるある。

間違えるとも思っていないからボールペンやマジックで書いて大失敗。

出席番号順の前後の人は仲良くなりやすい

最初は出席番号順で座ることがほとんどなので、出席番号が前後の人とは仲良くなりやすいです。

なので、前後が変な人だと地味に困ります。

た行やな行だとあまり思い出がない

た行やな行の苗字の人は出席番号も真ん中くらい。

1番から順にやっていくときも真ん中だし、最後から順にやっていくときも真ん中。

たまに変わった先生が真ん中からいってびっくりしますね。

でも、1番や最後の人と比べると思い出に残りにくいです。

身体測定や予防接種後の自習は出席番号順で長さがかわる

身体測定や予防接種は出席番号順でやることがほとんど。

1番の人は早く終わって自習で宿題を終わらせることもできます。

宿題の量にもよりますが、出席番号が真ん中くらいまでの人なら終わらせられるでしょう。

でも、後半~最後の人は終わって戻ってきたらほとんど時間がなく、宿題がほとんど残ります。

予防接種なら呼ばれた人だけが行くパターンもあるのでいいですが、身体測定で並んでいるときは宿題ができないので、なかなか不公平ですよね。

日直の回数も変わる

日直は出席番号順でやることが多く、前半の人は回ってくる回数が1回多いこともあります。

また、男女で一緒にやることが多く、出席番号順で隣の異性が日直の仕事を全然しない人だと大変です。

1番は結構つらい

1番は身体測定が早く終わって宿題が出来る利点こそありますが、自己紹介や日直なども最初にやらないといけないので結構つらいです。

性格が目立ちたがり屋ならこれほどいい番号はありませんが、シャイな人ほどつらく感じるでしょう。

先生「今日は15日だから・・・15番!」

日付によって授業で当てられやすい日があります。

例えば、15日だったら15番が一番当たりやすく、その人が答えられなかったら25番、35番・・・5番と下一桁が一緒だと当てられやすいです。

同じ下一桁に賢い人がいると自分まで回ってこないのでセーフ。

でも、賢い人がいないと当てられることも覚悟しておかないといけません。

また、32番以降の人は最初に当てられることがないからずるいです。

たまに変な当て方をする先生がいる

日付=出席番号で当てる先生がほとんどですが、たまに変な当て方をする先生がいます。

例えば、2月15日だから2と15をかけて30番や2と15を足して17番のように、月と日で計算して出すパターンがあるでしょう。

もっと変な先生だと出席番号15番の人の2個前や2個後ろなどわけがわからない当て方をしてきます。

日付全く関係なしで先生が好きな番号という場合もあるでしょう。

当たると思ってなかったときに不意打ちで当てられるとめちゃくちゃ焦るのでやめてほしいです。

IDに出席番号を入れちゃう人

アカウントのIDに出席番号を入れちゃう人がたまにいます。

誕生日を入れる人よりは少ないですが、思い入れのある出席番号になった人はいれることもあるでしょう。

ゾロ目で揃うとちょっとうれしい

1年1組1番(11番)や2年2組2番(22番)のようにゾロ目になるとちょっとだけうれしいです。

同じ数字が並ぶと書く早さもほんのちょっとだけ早くなります。

また、1年2組3番や2年3組4番のように順目になるのもちょっとだけうれしいです。

スポンサーリンク