自動車の運転中あるある10選

状況・場所

自動車の運転中のあるあるをお届けします。

自動車の運転って性格が出ますね。

普段は大人しい人なのに、運転中は人が変わるなんて人もいるくらいです。

では、数ある自動車の運転中あるあるの中から10個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

対向車にハイビーム攻撃される

ハイビームは地味にイラッとしますよね。

何台も連続でやられたらイライラがさらに増加。

ちなみに、気づかずに自分がハイビーム攻撃してて、対向車にやり返されているだけなんて場合もあります。

イライラする前に自分の車の設定を確認したほうがいいかもしれません。

曲がる寸前で方向指示器を出す車にイラッとする

本当に曲がる寸前で方向指示器(ウインカー)を出す人っていますよね。

こっちは直進すると思っているから急に左折されるとびっくりするし、イラッとします。

後続車やバイクの場合だけでなく、歩行者からしてもウインカーの遅い車は危険。

トンネルを通る時に息を止める

トンネルに入ると妙に息苦しい感覚に陥るときがありますよね。

その感覚が嫌なので、短いトンネルだったら通り過ぎるまで息を止めるなんて人も少なくないでしょう。

自分が予想していたときよりトンネルが長かった場合は地獄です。

大声で歌う

一人だけの空間なので、大声で歌うなんて人もいます。

よっぽどの大声でなければ音は漏れませんが、窓が少しあいてたり、想定以上の大きい声で歌っていたりすると周りのドライバーに聞かれてるかも…。

窓を開けてることを忘れていて大声で歌ってしまい、冷や汗かくなんてこともありえます。

聞いてる音楽とワイパーの動きがシンクロ

音楽のリズムとワイパーの動きが合うと妙に嬉しいです。

シンクロしてる時間は短いですが、(また合わないかな)と思っちゃいます。

シルバーマークの車にヒヤッとさせられる

シルバーマークや初心者マークつきの車はこちらの想定外の動きをすることも…。

それが原因でヒヤッとさせられた経験がある人も少なくないでしょう。

信号が変わってないのにジワジワ進む前の車にイラッとする

信号が青にかわっていないときからジワジワ進む人っていますよね。

せっかちなのかもしれませんが、後ろから見るとイラッとする光景です。

綺麗な景色を見つけた時にかぎって駐車できるところがない

ふと見つけた綺麗な景色を写真におさめたくなることがあります。

でも、そういうところにかぎって、近くに停車や駐車できるところがありません。

せっかくいい景色を見つけたのに撮れず、何も撮らないで帰るのは嫌。

そんなときに、そこそこ綺麗な空や植物を撮って帰りがち。

西日が目にささる

夕暮れ時は西日が目にささりますね。

偏光サングラスの購入を本気で悩んでいる人もいるでしょう。

トイレを我慢してるときはシートベルトの締め付けが気になる

普段はつけてることを忘れるくらいのシートベルト。

でも、トイレを我慢しているときは、その締め付けですら気になります。

シートベルトが敵にさえ感じる時間です。

スポンサーリンク