春あるある15選

春あるあるをお届けします。

春は出会いと別れの季節。

また、秋同様、過ごしやすい季節です。

でも、花粉症に悩まされている人にはつらい時期。

では、数ある春あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

暖かそうと思って外出たら風が強くて肌寒い

南北の温度差のある春は強い風が吹きやすいです。

平均の風速が10メートルを超えると強風注意報が出ますが、実は4月が一番強風の多い月だったりします。

4月の次は3月で、春は風の強い時期。

日が照っていて暖かそうでも羽織モノ1枚は準備しておいたほうがいいでしょう。

半袖1枚はまだ早い

昼は温度がある程度上がりますが、朝晩は冷えます。

だから、晩まで帰ってこないなら半袖を着ていくのは時期尚早。

半袖を着ていくにしても羽織れるものは準備したほうがいいでしょう。

ヤマザキ春のパンまつり

季節はアイスクリーム。ヤマザキパン春のパン祭りのお皿の交換は、今日までです。

春といったらヤマザキ春のパンまつり。

強化ガラスでできたお皿はデザインはありませんが、丈夫でこのお皿を使う家庭も多いですね。

家族の枚数分のお皿をゲットしようとパンを食べる機会が増えるでしょう。

ダイエットしようという気持ちが湧いてくる

お正月にダイエットするという目標は立てたけど、失敗。

しばらくダイエットから離れていたけど、夏に向けてダイエットを始めようと考える人が多いのが春です。

夏までは3,4ヶ月あるのでまだまだ間に合います。

春のセールで爆買い

春はパステルカラーの可愛い服が登場しやすく、物欲が刺激されて爆買いする人も少なくありません。

服だけでなく、バッグや財布も可愛いものが出てきやすいです。

財布は春財布ともいうので、買うのには適した時期。

せっかく咲いた桜が雨で散る

桜が満開に近づくとたいてい雨が降って散ってしまいます。

桜を散らす雨は毎年のように降りますよね。

つくしのほろ苦さで春を感じる

つくし (3)

春の山菜「つくし」。

つくしを食べると春を感じるなんていう人も多いでしょう。

また、大都会だと買わないと入手できませんが、そこそこの田舎なら手に入れやすい山菜です。

マイナンバーの書類が見つからない

会社に入社するとマイナンバーの提出を求められます。

マイナンバーの書類は普段使わないのでどこかに片付けていて、それがどこかわからないなんてことも少なくありません。

紛失はしていないはずですが、大事な書類を入れる場所を決めている人でないと苦労することが多いです。

冬服のクリーニング費用がなかなか高い

春になると冬服の出番ももう終わり。

来年も着るためにクリーニングに出すなんて人も多いでしょう。

そして、冬服(特にアウター)はクリーニングに出すと結構な費用がかかります。

冬服をたくさん持っている人は大変で、出費が予定外の額にいってしまう場合も…。

花粉症に苦しめられる

花粉症の人は本当につらい時期。

スギ花粉症の時期が終わったら、すぐにヒノキ花粉が飛び出します。

また、ヒノキも終わるとイネ科やカバノキ科が飛び出し、人によって苦しめられる期間が変わってくるでしょう。

ヒノキが終わるか終わらないかの時期に、PM2.5も飛んできやすくアレルギー持ちにとって春は絶望の季節。

こたつにさようなら

冬に大変お世話になったこたつを片付けます。

ただ、暖かくなってきてもちょっと寒い日があったりしてなかなか片付けられないです。

もう使うことがほとんどない4月くらいに片付ける人が多いでしょう。

目に向かって虫が飛んでくる

春になると虫たちも活動を始めます。

目に向かって飛んでくるやつだけはやめて欲しいです。

子どもがタンポポの種を飛ばす

Sparkling fluff

子どもの頃にタンポポの種を飛ばしたことがある人は多いでしょう。

ずっと都会にいた場合は厳しいですが、田舎なら公園だけでなく、道端でも結構見つけやすいです。

また、子どもの頃の記憶を思い出し、大人になってから飛ばすなんて人もいます。

でも、大人になると種が飛ぶときの感動が子どものときに感じたものと違うんですよね。

ムダ毛処理や黒ずみ対策

冬の間はサボっていたムダ毛処理をする女子も少なくありません。

春から夏は肌の露出も増えるため、ムダ毛処理は必須。

また、黒ずみが気になるので、それの対策をするという女子もいるでしょう。

ただ、黒ずみの場合は、気にならなくなる程度までいくのに3~6ヶ月かかるので、本当はもっと早くから対応した方がいいです。

昼寝が気持ちいい

春は眠くなることも多く、昼寝が最高に気持ちいい時期でもあります。

ストーブやエアコン、扇風機など何もなしで寝れるのは最高です。

スポンサーリンク