季節の変わり目あるある10選

季節の変わり目のあるあるをお届けします。

ここ数年は季節の変わり目がわかりにくく、この日を機に季節が変わるというのは決められません。

暑い日が続いていたと思ったら急に寒くなったり、その逆もしかり。

春や秋を感じにくくなっていますね。

では、数ある季節の変わり目あるあるの中から10個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

衣替えのタイミングが難しい

夏服を片付けてしまったら急に暑い日がきたりなど、衣替えをするタイミングが本当に難しいです。

急に温度が下がったり上がったりしたときのための服も残しておかないと痛い目にあいます。

洗濯中で残っていた季節外れの服を片付けていなくて助かるなんてこともあるでしょう。

服装の失敗に家を出ようとして気づく

家の中の温度と外の温度が違うことが多く、家を出ようとした瞬間に服装選びを失敗したことに気づく場合があります。

また、出るときにうまくいったとしてもお昼は暑かったりと、1日通してうまくいく服を選ぶのは難しいです。

近くの人から防虫剤のにおい

片付けていた服を着るので、防虫剤のにおいがする人がたまにいます。

ちょっと嫌だなと思いつつ、そろそろ自分も衣替えしないといけないと気づかせてくれることも。

特に冬服はにおいがち。

クリーニングのタグを取り忘れて着ちゃう

クリーニングに出していた服はよく見てから着ないと危険。

タグをつけたままで外に出てしまうなんてことも起こりえます。

また、クリーニングに出したこと自体を忘れていて取りにいくなんてパターンもあるでしょう。

まだ暑いのにコーヒーがHOTばっかり

自動販売機の飲み物の変更は、季節が完全に移行される前に終了。

いつでもCOOLで売られる飲み物とは違い、コーヒーや紅茶は全てがCOOLやHOTに変更されることが多いです。

その結果、暑いのにHOTしかなかったり、寒いのにCOOLしかなかったりします。

最近では、HOTやCOOLに完全に移行するのではなく、数は減るけどCOOLやHOTが残っている自動販売機も増えてきました。

また、自動販売機の飲み物を変更したばかりでHOTと書いてあるのに中途半端にぬるいなんてばあいも・・・。

肌トラブルが起きやすい

男性はあまり気にしていないかもしれませんが、季節の変わり目は肌トラブルも起きやすいとき。

スキンケアはいつもどおりしてるのに、カサついたり、化粧ノリが悪くなったりします。

特に、冬から春になるときは肌トラブルが起きやすいです。

手が脱皮を始める

何も特別なことはしていないのに手の皮がむけてくるなんてこともよくあります。

他の皮膚はトラブルこそ起こしやすいですが、むけるまではなかなかいきません。

手の皮だけが勝手に脱皮を始めるんです。

髪の毛がいつもより抜ける

普段はそんなに抜け毛がなくても季節の変わり目になると抜けるという人も少なくないはず。

特に夏と秋の変わり目は抜けやすいです。

夏に受けた紫外線のダメージがきたり、髪の毛母細胞が入れ替わる時期だったりするため、抜けやすいと言われています。

人間だけでなく、ペットの毛も抜けやすい時期ですよね。

風邪をひきやすい

季節の変わり目は風邪を引きやすいですよね。

服装も朝と昼で温度差が激しかったりして失敗し、厚着して汗をかいたり、薄着で寒い思いをしたりしがち。

また、自律神経が乱れやすく、風邪をひいてなくてもなんとなく体がだるいです。

去年の今頃を思い出して切ない思いになる

季節の変わり目は物思いに耽がち。

去年の今頃は何をしていたかを考える機会も多いです。

去年は彼氏がいたのに今年はいないとかだとめちゃくちゃ切ない気持ちになり、涙がでる場合も・・・。

スポンサーリンク