失恋あるある15選

状況・場所

失恋のあるあるをお届けします。

心から好きだった人を忘れるのは難しい…。

告白してフラれるのも付き合っていてフラれるのもどちらもつらいものです。

では、数ある失恋あるあるの中から15個に絞ってご紹介。

スポンサーリンク

食欲がわかない

普段食べるのが大好きな人も食事も喉を通りません。

人間ってこんなに食欲なくなることあるんだ…と思うほど、食べる気がしないでしょう。

また、食欲だけでなく、何にもやる気がおきない無気力状態です。

一時的に痩せる

食欲がわかなくてほとんど食べないので痩せます。

でも、失恋の強制ダイエットで痩せるのは一時的。

立ち直ったらいつも以上に食べすぎてしまいがちで、すぐにリバウンドします。

失恋ソングが心に響く

幸せなときは聞こうとも思わなかったり、こういうのを聞いて泣いている女子が苦手なんて思ったりしてたのに、急に失恋ソングが聞きたくなります。

そして、その失恋ソングが心に響くでしょう。

失恋のダメージが大きすぎて、(この曲は自分のために作られた曲?)と思い込んでしまうこともあります。

聞ける曲が減る

失恋中は恋愛ソングや両想いソングは聞く気が起きません。

結婚ソングなんてもってのほかです。

自分は聞くつもりがなくてもCMやドラマで流れて聞いてしまうこともあります。

中島みゆきさんの「糸」がよく流れますね。

友達のアドバイスが心に響かない

失恋した時に友達がよく言うのが「もっといい人がいるよ」。

失恋を打ち明けられたときも言ってしまいがちな言葉ですよね。

でも、この言葉は全く心に響かず、気遣ってくれる気持ちは嬉しいけどちょっとイラっともしてしまいます。

考えないようにしてるのに、ふいに涙が出てくる

失恋後は考えれば考えるほど深みにハマっていきます。

考えないようにしていても思い出の品や場所を見てしまい、楽しかった思い出が蘇ってきて涙が出てしまうでしょう。

本当にふとした瞬間に思い出してしまいますよね。

夜になると急に寂しさが襲ってくる

昼はいろいろやらないといけないこともあり、忙しさなどから考えずに済むこともあります。

でも、夜に1人でいると急に寂しさが襲ってくるでしょう。

失恋してしばらくは夜がくるたびに泣いてるなんて人も多いです。

起きた時に(別れたんだ…)とふと思う

寝ている間はさすがに忘れてますが、起きた瞬間に(別れたんだ・・・)とふと思います。

そう思ってしまうと1日憂鬱で過ごすことになってしまうでしょう。

考えようとはしてないはずなのに、ほぼ無意識で考えてしまうんですよね。

良い思い出ばっかりが蘇ってくる

嫌なところを思い出して嫌いになろうとしても難しいです。

良い思い出ばっかりが蘇ってきて胸が痛いでしょう。

また、ケンカも嫌な思い出としてではなく、良い思い出として蘇ってくるというのもあるある。

元恋人のSNSを監視してしまう

やっちゃいけないと思っていても、元恋人のSNSを監視しがち。

次の恋人候補を見つけ出してしまうなんてこともあるでしょう。

また、元恋人にブロックされる場合もあります。

LINEのやりとりを見返す

付き合ってた頃のLINEのやりとりを見返してしまいます。

元恋人のメッセージや自分のウキウキな返信を見て、一人で勝手にダメージを受けるでしょう。

相手のLINEのアカウントやグループを消してしまうという人もいますが、消したら消したで後悔します。

他の人の失恋エピソードを見て自分だけじゃないと安心する

失恋したときにやってしまいがちなのが、他人の失恋エピソードを見ること。

失恋のまとめサイトとか読みがちです。

また、ドラマや映画も恋愛がうまくいくものでなく、失恋するものを選んでしまいます。

「より戻そうか?」とくるかもしれないので、携帯が鳴るたびに素早くチェック

失恋してすぐの頃は、「より戻そうか?」とくることを期待し、携帯を手放せません。

携帯がなるたびに素早くチェックし、(違った…)という毎日を過ごします。

また、「より戻そうか?」とくる確率は高くなく、ほとんどの人にはこないです。

占いに頼る

失恋すると占いに頼るという人もいます。

有名な先生に見てもらい、次の恋愛のアドバイスを聞いたり、前の恋人との相性が良くなかったことを聞いて安心したりするでしょう。

ある日突然吹っ切れる

失恋してしばらくは良いところばかり蘇ってきますが、ある日突然嫌なところを思い出してきて吹っ切れます。

あんなに好きだったのに、むしろ嫌いな人に成り下がってしまうでしょう。

時間が解決してくれるというのはこういうこと。

スポンサーリンク